不妊を改善するたんぽぽ茶

pregnancy-23889_640

たんぽぽ茶は、不妊の症状を改善するメリットがあるとされています。

不妊や妊娠のしにくい傾向にある人にとっては、たんぽぽ茶は積極的に飲むべきものとして捉えられているのではないでしょうか。

最近では、妊活の一環として、たんぽぽ茶を飲む習慣を実践する人も多く、実際に不妊を改善させることに繋げている人も多く見受けられています。

このたんぽぽ茶の特徴として、不妊を改善する作用が男女ともに期待できるという点が挙げられます。

女性の排卵機能を高めるだけではなく、男性の生殖の機能を高めることにも、たんぽぽ茶が貢献しているためです。不妊の改善は女性のみに該当すると考えられがちですが、男性に対してもたんぽぽ茶を飲むことによる不妊の改善は期待できると言えるでしょう。

夫婦でたんぽぽ茶を飲むケースが増えていることも、このような特徴と関連があるのではないかと推測されています。

たんぽぽ茶を飲むことで期待できる効果として、不妊の改善は近年多方面からクローズアップされています。

妊娠の可能性を高めることを目的として、このようなたんぽぽ茶を飲む人は、今後も様々な年代において増加していくと見込まれているため、関心が寄せられると考えられています。

たんぽぽ茶について詳しい情報はたんぽぽ茶専門のサイトで見るようにしましょう。→http://www.tannpopotya.com/

こちらのサイトでは、たんぽぽ茶の様々な情報が詳しく紹介されています。

私はとある芸能人の彼女

私の彼は、とある芸能人だ。

彼は、いつも奔放で、自由。というか、私からすると自分勝手。
仕事の合間に、会いたい人と会い、行きたいところへ行く。呑みたい酒を呑み、食べたいものを食べる。
実際、女好きでお酒好き。

とても疲れる。いつも振り回されてる感じだし、言ったこと、守らないし。

また今度。 って、お前の今度はいつだよ!(−_−#)
周りに妙にウケいいし。上げ膳据え膳大変ですね。(嫌味)
それでも真っ直ぐで、いつまでたっても少年のような彼に私は釘付けである。
…バカだよね、私も。何であんなのがいいんだか。
きっちりした私から見ると、彼の人生は全てが適当な感じ。本人はちゃんとしてるようだか。
お前の“ちゃんと”は私の適当!怒

まったくもう…
信じてろって、何をだよ。
何をどのように信じろと…
いつも手を焼いているんだから!私!

住む世界が違うから、離れようと思ったときもある。
でも、ずっと信じて、ずっと愛してここまで来た。

不安だったり、辛かったり、そんなことはしょっちゅうで。でも大好きだから仕方が無くて。

大丈夫。私はずっとあなただけ。そんな誓いを自分でつくって。でも泣かされることもしばしば。

気苦労が絶えなかったりするけど、何考えてんのかわかんなかったりするけど、それでも好きなのだ。私は。

幸せになれるよう、頑張ります!(^_^)v

毎日の楽しいゲームライフ

毎日ゲームをしてるくらいゲームが好きです。

1日2~3本程度はしますが、時間は1~2時間程度します。ゲームへのこだわりはなく、普通に好きで遊んでいるだけです。今はPCとスマホでゲームをしていることが多く、過去にテレビゲームもしていた頃があります。

テレビゲームでも良かったのですが、ここ最近PCでの稼働率がふえてきて、いつの間にかテレビゲームはしなくなってしまいました。

年齢もありますが、パソコンでの仕事や、個人でしているゲームの動画編集、ブログの更新などをやっているのでパソコンの方を選びました。

パソコンの方が私には使い勝手が良く、最近はゲーミング用の周辺機器を購入しています。ほぼゲーミングマシーンに仕上げたいのでそうしました。スマホでは時間が空いた時などよく利用しています。

携帯時代からするとゲームが出来る時代なったなと感じています。最近の機種は高度なPCででるような3Dゲームもできるものもあります。

スマホですので、電池の消耗が激しいのが欠点で、なるべくは電池が消耗しない2Dゲームをして遊んでいます。

これから先パソコンやスマホはどういう風に進化するのかわかりませんが、体が続く限りゲームを続けていきたいと思っています。

映画の試写会に応募をしてみました

気になる映画作品があったので、公開されたら観に行く予定です。
しかしその前に試写会があるということを知ったので、行ってみたいと思って応募をしてみました。
様々な媒体から少人数の当選者が出るということだったので、応募がかかっているものはほとんどエントリーをしました。

当然発表があるという日、気にはなっていました。
当選したらいいなと思っていたのですが、残念ながら当選の通知は届きませんでした。
今回は落選しましたが、以前同じような観たい映画の試写会に行ったことがあります。
その時はたまたま当選をしたのでラッキーでした。
出演者が登壇をすることはありませんでしたが、それでもひと足先に映画を観ることができたので、良かったと思います。

その際、スタッフの方からこの作品を観た感想をSNSやブログに書いて、発信をしてほしいということを言われました。
そういうこともあるんだな、とその時はあまり深く考えていませんでした。

でも確かに前評判がよい、というような雑誌や新聞の記事を目にすることがあります。
その前評判というのは、試写会で観た人たちの感想をインターネット上で拾ってくるんだな、と分かったのです。
それでも公開されてからの評判が変わることもあると思います。

8月14日、今日の出来事。

今朝は4時に目が覚めてそのまま起きてしまいました。

昨夜、両親に連れられて近くの花火大会を見物にいってきた4歳の孫が10時頃帰ってくると、爺ちゃんと婆ちゃんと寝ると言って布団に潜り込んできました。

いつものことですから気にはしませんでしたが花火を見てきたせいか興奮してなかなか寝ずに眠りについたのが夜中の12時頃でした。

いいよと言ったもののこちらも12時過ぎまで眠られず困りました。

ただ問題はそれだけではなく朝4時頃に孫が目を覚ましごろごろしているのでおしっこがしたいのだと思い、こちらから、おしっこしておいでと言ったら、うん、と言ってトイレに行きました。帰ってきてそのまま寝ると思いきや、遊びだして寝る様子もなく、とうとう朝の7時です。女房は6時20分ころ布団から出てラジオ体操ならぬ、テレビ体操へ。

自分もいつまでも布団に入っているのはいやな性分なので起きて毎朝の日課をこなすことにしました。一通り用事が済み仏壇にお線香を上げて朝食です。

日曜日の朝はいつもパン食で家で焼くのとお店で買ってくるのを交互にしています。

今日はお店のパンです。卵焼き、ウインナー、野菜、コーンスープ、マーガリン、ジャム、などで好きなようにして食べています。朝食が終わり、後片付けと家の中の掃除、お盆中ですがやることはいつもと何も変わりません。今日は昔から知っている近所の人の娘が子供を連れて実家にお線香を上げた後に立ち寄るとのことでした。

10時頃、おはようございますとひときは賑やかな声がして子供を3人連れてやってきました。まりえです。

今は34歳になり3人の子供の母親ですが、小さいころ(生まれてからずっと)から知っているので自分の娘のように可愛いです。家の中が一瞬にして保育園か幼稚園のようになりました。午前中遊んで、昼食は近くのファミレスから出前を取り食べさせました。

我が家も人数が多く、食事用のテーブルも8人は楽に座れる大きさですから全員で同じテーブルで食事をしました。我が家の孫2人と女房と嫁さんも一緒で、更に賑やかな食事になりました。

食事が終わるとさすがに子供たちは眠くなり始めたのでまりえたち家族は家に帰りました。嫁にくれた娘が子供を連れて里帰りをしてくれたようで楽しいひと時でした。

背中ニキビが出来たらまずは病院へ

m020202
夏場なのに背中がすごくカユイから、市販のかゆみ止めを塗っておこう。とそんなことでかゆみを甘く見ている方いらっしゃいませんか?

夏場、冬場関係なく背中のニキビは発生します。

冬場は乾燥肌にもなりやすい時期なので、特に判断が自分では難しくなります。
そこで、きちんち一度は近所の皮膚科に受診して下さい。

やはり何の皮膚の病気かは専門のお医者様に見て頂くのが一番です。

私自身、あせもがひどくてどうしても痒さに耐えきれずに夏場皮膚科に行った時、あせもと背中ニキビを併発していたことがありました。
ニキビはアクネ菌が繁殖して、不衛生な皮膚にできやすいです。

ニキビケアは体の部分によっても皮膚の厚さというのが違うので、とても難しいです。

顔のニキビケアには水分と保湿というのは美容業界の記事などを読んでいると、よくネットなどでも検索します。
しかし、背中ニキビについては中々ヒットしなかったりすることがあったりします。

まずは皮膚科に行って何の症状か診察して貰って下さい。そして、症状にあった塗り薬、飲み薬を貰って帰って下さい。
そうすれば、背中ニキビもきっと良くなっていきます。

市販の薬が悪い訳ではありませんが、医療費負担3割が使えるので一度はお医者さんに行った方がオススメです。

皮膚科には行きたくない!っていう人は、自宅で治すしかありませんが、背中ニキビを治すことにおいて今一番注目されているのをご存知でしょうか。
ジュエルレインというジェルなのですが、これはとても効果が高いと評判です。

ジュエルレインを使った人の感想も、こういうサイトを見ればすぐに見ることができるし、安心です。

背中ニキビで悩んでいる方の参考になれば、幸いです。

二日早いソメイヨシノ

3月の中旬以降はぽかぽか陽気だった、こんな気温ではサクラのツボミが4月を待たずに早々と咲きそうと思いました。
ソメイヨシノよりも早咲きのサクラというのは何種類かあるようで今年も眺めてみましたが、あったか陽気でサクラはやはりいいですね。

この中旬から一週間のあったか陽気で昨年より二日ほど早い開花となった地域があるという、春コートなくてもいいくらいの気温となればソメイヨシノが咲いてもいい頃。
二日ほど早い開花になったというのは関東近県のサクラなので、これからの気温次第ですが、今年は4月の入学式前に8分咲きくらいにはなるかもという感じですね。

いつもより平均気温低くて寒かった冬だったなら、その寒さの分もひと足早く暖かな空気を運んでくれて、サクラの開花を促してくれたのかと思わないでもない。
いまごろの3月下旬から4月までは一重のサクラと、それからの八重桜と飽きることなく花を眺められる期間は心地いいもの、この時期は新生活に相応しくサクラの花がよく似合います。

春から冬の季節でどの季節がいいですかと聞いて春と答える人は多い、寒さも何とか越えるし冬料理もいいけれど、サクラの気丈さは日本人好みというものの様ですね。

初めてスカイツリーへ

今日は初めてスカイツリーへ行ってきました。
スカイツリーができたばかりの頃は、混んでそうだから少し落ち着いてから…と思っていたのですが、気付いたら大分時が経っていました…。
とはいえ、やはり観光地の為たくさんの人が!

天気が曇りだったのが残念ですが、360度見える景色はとっても見応えがありました!

スカイツリーを見た足で、そのまますみだ水族館へ行きました。
こちらも初めての入館でしたが、中もとってもきれいで見やすかったです。

入ってすぐのクラゲコーナーも幻想的で、大水槽も迫力がありました!

きれいな魚も多くてたくさん写真も撮りましたが、中でもペンギンがかわいすぎて……!

たくさんのペンギンを近い距離で見れて、終始はしゃいで写真を撮って眺めて…と繰り返していました。
水族館って入館料が少々高いかなあ、といつも思うのですが、そんなこと気にならないくらい楽しめちゃいます!

その後はコールドストーンでアイス食べながらおしゃべりしてたんですが、コールドストーンのスタッフさんって楽しそうで良いですよね!

スタッフ全員で歌うたいながら(しかも所々ハモってくれる!)提供してくれるので、店内にいて楽しい気分になります。
その後は浅草まで歩いていき、雷門前で人力車のお兄さんに写真を撮って頂いて、もんじゃ食べて帰りました!

趣味の写真も沢山撮れて充実した1日でした。また行きたいです!

そんなものかな

テレビ局のHPに景気に関するニュースがあり、昨年4月からの消費動向っていうのはそんなに良くないんだなと思いました。
国内全体でのことではなくデパートの売り上げについてということだった、前年の同じ月より売り上げが1.1%上回ったという。

消費税増税ということに3か月、半年と経過すればそう違和感もなく景気も程々でしょうと考えてましたが、高級志向のデパート売り上げがこれくらいというなら5%の時と同じようになるには時間が必要なんだと思えますね。日頃からゆっくりニュースを見る時間もないし、ネットでざっと見るくらいなので経済面のニュースは関心が薄いとも言えます。

自分ではもっぱらお店に行ったり、インターネットでショッピングする側ですからそういう景気がいいとか、あまり芳しくもないというようなことは実感できないですよね。
今回のデパート売り上げが前年比より上回ったことの理由としては、外国からの観光客によるところもあるらしく、そこを読めばホントにまだまだ景気回復になっていないというものです。
この3月や4月は新生活する人が多い時期ですから、こういう経済面も堅調というものでしょうけれど、ニュースを読みながらより節約志向という気持ちにもなりますね。

街中の白い人

何年か前から気になっているのですが、街中を歩いている人たちの中で、特に女性でものすごく色が白い人がいることが気になっています。
言葉にすると血色がない顔なのです。
たぶん体も血色がないのでしょう。
そうは言っても普通に喋るし、動いているのですが、なんだか生活感がない人ばかりなのです。

態度ははつらつとしているのですが、いつもはつらつとしているし、だからと言って好みの人ではないのです。
なんというか目が離せないけど、見ていると気分が悪くなるというか、寝ているときも人の目を気にしていそうだし、一緒にいると息苦しい人なのです。

大衆の顔って見ていると、子供はバタバタ、きょろきょろしている子供が多く、年を取るごとにかったるそうに疲れた顔になって言っている様です。
そんな大衆の中で、そんな白い人に会ったりすると、ちょっと波調が合わせずら過ぎて、恐怖を感じます。

ところで、世の年寄の中には「勤勉」こそ第一の価値と語る人もいるけれど、世の中で勉強することなんてそれ程ないようだし、話は反れますが、エラそうに喋ってる年寄だって大して役に立っていない現在の日本。
報道番組なんかでは、景気回復のために多大な消費を促しているけど、現実にみんながそれをやるとすごく嫌な風景になるし、なっている。

白い人もおそらく自我がなくなるほど、精力的に働いて、その末に精力を世間に奪われちゃったんじゃないかと想像しています。