私はとある芸能人の彼女

私の彼は、とある芸能人だ。

彼は、いつも奔放で、自由。というか、私からすると自分勝手。
仕事の合間に、会いたい人と会い、行きたいところへ行く。呑みたい酒を呑み、食べたいものを食べる。
実際、女好きでお酒好き。

とても疲れる。いつも振り回されてる感じだし、言ったこと、守らないし。

また今度。 って、お前の今度はいつだよ!(−_−#)
周りに妙にウケいいし。上げ膳据え膳大変ですね。(嫌味)
それでも真っ直ぐで、いつまでたっても少年のような彼に私は釘付けである。
…バカだよね、私も。何であんなのがいいんだか。
きっちりした私から見ると、彼の人生は全てが適当な感じ。本人はちゃんとしてるようだか。
お前の“ちゃんと”は私の適当!怒

まったくもう…
信じてろって、何をだよ。
何をどのように信じろと…
いつも手を焼いているんだから!私!

住む世界が違うから、離れようと思ったときもある。
でも、ずっと信じて、ずっと愛してここまで来た。

不安だったり、辛かったり、そんなことはしょっちゅうで。でも大好きだから仕方が無くて。

大丈夫。私はずっとあなただけ。そんな誓いを自分でつくって。でも泣かされることもしばしば。

気苦労が絶えなかったりするけど、何考えてんのかわかんなかったりするけど、それでも好きなのだ。私は。

幸せになれるよう、頑張ります!(^_^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です